カミソリで処理をすると黒いポツポツが残る?│全身脱毛を選ぶ専門家

普段、カミソリを使ってムダ毛の自己処理を行っている方はその部分の毛穴が黒くポツポツとした状態になっていることはないでしょうか。これは埋没毛または埋もれ毛と言われているもので名前から分かる通りに皮膚の下にムダ毛が埋もれている状態となっているものです。

こうした症状はカミソリだけでなく毛抜きで脱毛を行うことでもなることがあります。また埋没毛でなくともカミソリでムダ毛を剃るということは根本の部分が残ることでもあります。毛先と根本を比較すれば当然ながら根本のほうが太いためにカミソリで剃ったあとには根本の断面部分が目立ってしまうことも少なくないのではないでしょうか。

よくムダ毛を剃ると濃くなって生えてくるといわれているのはまさにこのことで残ったムダ毛の太い根本の断面部分が先端として伸びれば剃る前と比較するとより濃く見えてしまいます。

こうした症状を回避するにはどうすればよいのかといえば自己処理では除毛剤を使用するといいかと思いますがより安全に脱毛をするのであれば脱毛専門エステやクリニックで脱毛するのがベストといえるでしょう。

脱毛の基礎知識│全身脱毛を選ぶ専門家

脱毛の基礎知識として知っておいて欲しいことは2つほどあります。

まず1つ目に知っておいてほしいことは、「日焼けをしている時は脱毛できないこと」。

これはなぜかというと、日焼けにより分泌された黒い成分「メラニン色素」が肌の中に点在している状況だと、脱毛の効果が薄れるばかりか、余計なところに光が効果を及ぼし、お肌トラブルを引き起こしかねないからです。ですから、できれば露出の多い服を着る機会が増える夏が来る前に脱毛を済ませてしまうことが好ましいと言えます。秋から始めてしまうのがもっとも効率的だと思いますよ。

次に知っておいて欲しいのは、「毛周期」。

これが脱毛サロンに何度か通わなければならない理由です。毛には周期があり、すべての毛が成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返しています。成長期として毛が生えている毛穴は全体の30%ほどとも言われますから、一度の脱毛では最大でも全体の30%ほどしか脱毛することが出来ないのです。ですから、「十分脱毛できてるしいいや!」と一度でやめてしまうことはお金の無駄になってしまいますし、極力時間を掛けてゆっくりと脱毛するようにしてください。